ダイエットに効果的な成分

桑の葉エキスのDNJはどうしてダイエットにいいの?効果・効能と注意点

投稿日:

桑の葉といえば、お茶で飲むイメージが強いですよね。
そんな桑の葉は、実は日本や中国では昔から糖尿病に対して利用されてきた歴史があります。

そして近年の研究により、桑の葉はDNJという成分が含まれており、食後上昇する血糖を抑える働きがあることがわかりました。
DNJは、糖質分解酵素の働きをおさえることによって、食後の血糖値の上昇を改善するといわれています。

そのため最近では、DNJを多く含む桑の葉エキスは、糖尿病の改善や肥満防止効果などが期待されているんです。

期待されている効果・効能

  • 糖尿病の人の食後血糖値の上昇の改善
  • 糖尿病や肥満の予防・改善
  • 抗酸化作用
  • 動脈硬化を抑制する

体内でどのように働くの?

食べ物に含まれる糖質・炭水化物は、小腸でα-グルコシダーゼという酵素の働きで、ブドウ糖に分解されて吸収されます。
桑の葉エキスのDNJは、このα-グルコシダーゼの働きを抑制することによって、小腸から血液中へのブドウ糖の吸収を緩やかにしてくれます。

桑の葉の摂取方法と注意点

桑の葉エキスは糖の吸収を遅らせる効果があるため、食事の前に摂取すると効果的です。
また、短期間の摂取では効果が期待できません!そのため、継続して利用することが大切になります。

また、桑の葉エキスを摂取すると、お腹の張りなどを感じたり、おならが出やすくなったりすることもあります。
これは、象徴で分解されなくなった糖質が、大腸で分解されてガスが生じるために起こることで、一ヶ月ほどでその発生量は減少するといわれています。

一般的に、問題になるような健康被害や副作用などは報告がありません。
ただし糖尿病の治療中の場合、桑の葉エキスの作用によって、医薬品との相互作用が生じる場合もあります。
そのため、糖尿病の治療中は桑の葉エキスを積極的に摂取することはせず、どうしても摂取しなければならないときには、必ず主治医に相談してからにしましょう。

-ダイエットに効果的な成分

Copyright© 青汁効果口コミ.com|ダイエット・健康成分と効果を徹底比較! , 2018 All Rights Reserved.