ダイエットに効果的な成分

コレウス・フォルスコリはなぜダイエットにいい?効果効能と科学的根拠まとめ

投稿日:

コレウス・フォルスコリとは、シソ科の植物の1つで、インドでは伝統的に栄養状態の改善を目的に使われていたものです。

有効成分のフォルスコリンはアデノシン一リン酸(cAMP)というものの産生を増加させます。
アデノシン一リン酸(cAMP)の増加は、交感神経系を介して、体内でさまざまな働きをするのです。
除脂肪体重(脂肪以外の筋肉や骨)を維持しつつ、体脂肪を減らしてくれるという効果が特に注目をあびています。

だからダイエットの食品にもよく使われているんです!

期待されている効果・効能

  • 肥満を防止する効果

上記でも説明したように、コレウス・フォルスコリには「体脂肪を減らしてくれる」という効果が期待されています。
そのため、肥満防止の効果・効能を期待できます。

体内でどのように働くの?

有効成分のフォルスコリンは、細胞内の「アデニル酸サイクラーゼ」という酵素を活性化する働きがあります。
アデニル酸サイクラーゼとは、アデノシン一リン酸(cAMP)を産生する酵素です。
アデノシン一リン酸(cAMP)は、交感神経系を介して働き、炎症を抑えたり、気管支を拡張したり、血圧を低下させたりする働きをするものなんです。

つまるところ、フォルスコリンは、アデノシン一リン酸(cAMP)の産生を介して交感神経系に働き、細胞内の代謝にとても大切な役割をする成分なのです。

そして、注目なのが体重・体脂肪に対する作用ですよね。
フォルスコリンは、食事をすることによって熱を産出する『食事誘導性熱産生』を引き起こすことで、消費エネルギーを高めるとされています。
また、アデノシン一リン酸(cAMP)が、交感神経系を介して細胞のエネルギー代謝に働くことから、フォルスコリンを摂取すると、体脂肪の減少効果が期待できます。

DHCの臨床試験で体重・体脂肪の減少が確認された

「第47回米国生薬学会学術大会」で、ディーエイチシー(DHC)がコレウス・フォルスコリの臨床試験結果を発表しています。
この臨床試験では、体重・体脂肪率の減少が確認されています!

臨床試験を簡単に説明すると

  1. 健康な成人男女 15 名を対象
  2. 1 日あたり1000mgのコレウスフォルスコリエキス末を8週間投与
  3. 期間中、各自それまでどおりのライフスタイルを維持
  4. その結果、体重および体脂肪量を有意に減少させることが確認され

という結果になっています。

コレウス・フォルスコリの摂取方法と注意点

ダイエット目的の場合は、まずは生活習慣を見直すことが第一です。
食事・運動などを適切に行うようにし、それに加えてコレウス・フォルスコリを摂取しましょう。

サプリメントや青汁などの商品にも、コレウス・フォルスコリ成分は含まれています!
上記のDHCの臨床実験では1000mgであしたが、500mgでも効果が出たという報告もあるようです。
どのくらい入っているのかなどを確認して、摂取するようにしましょう。

コレウス・フォルスコリは、通常の食材と同じようなものなので、特に問題となるような健康被害や副作用などは、今のところ報告がありません。
ただし、肥満・糖尿病などで薬を服用している場合などは、念のため主治医に相談のもと、摂取するようにしましょうね。

-ダイエットに効果的な成分

Copyright© 青汁効果口コミ.com|ダイエット・健康成分と効果を徹底比較! , 2018 All Rights Reserved.