青汁のまめちしき

青汁の主要成分であるケール・クマザサ・大麦若葉・明日葉から期待できる効果とは?

投稿日:

ケール

ケールはアブラナ科でキャベツの一種で、免疫力を上げる効果があります。野菜の王様と言われるほど栄養価が高く、青汁の原料として利用される事が多いです。

主な効果として、動脈硬化・風邪・ガンの予防、ストレスを和らげる、肌の感想を防ぐ、疲労回復などがあると言われています。

成分

ビタミンA ・ビタミンC・カルシウム・鉄などビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

そして食物繊維を多く含むため、整腸作用があります。ビタミン類はストレス・風邪の予防などにも効果的です。

また、「若返りホルモン」とも呼ばれるメラトニンを多く含みます。活性酸素除去・免疫機能の向上などに役立ち、老化物質を抑制し、快眠を促す効果があると言われています。

摂取方法

ケールは青汁から摂るのが一般的です。

クマザサ

「パンダが食べる葉っぱ」ですね。クマザサには沢山の効能があり、ピロリ菌消滅作用などもあると言われています。

主な効果として、胃痛・胃潰瘍・十二指潰瘍の予防やがん・高血圧の予防、免疫力の強化などがあると言われています。

成分

葉緑素・バンフォリン・安息香酸・カルシウム・ビタミンC、K、B群・リグニンなどの栄養が含まれています。

葉緑素はコレステロールや老廃物などを吸って体外へ排出してくれます。また、貧血予防にも効果があると言われています。

バンフォリンは細胞膜を強化・再生してくれますので、美肌効果があると言われています。

摂取方法

青汁として摂取する他、クマザサを抽出してエキスしたものを水に溶かして飲んだり、お茶としても飲まれています。

青汁ならクマザサを粉末にして飲むので、食物繊維も豊富に摂取できますので、やはり青汁で摂取するのがおすすめです。

大麦若葉

イネ科の植物で、大麦の若葉(草の丈が20~30センチ)のものを大麦若葉と呼びます。

主な効果として、整腸作用・活性酸素の除去作用・アトピー性皮膚炎の改善抗酸化・抗炎症、解毒作用などがあると言われています。

成分

食物繊維や緑葉素・ビタミン、ミネラル、糖質やタンパク質、脂質なども含まれています。

食物繊維を多く含むため、整腸作用があります。また食物繊維やクロロフィル(緑葉素)には、コレステロール値を抑える働きもあります。

ビタミン・ミネラル等は美肌効果が期待できます。

摂取方法

青汁の他、お茶としても飲まれています。

明日葉

日本原産のセリ科の植物です。セロリやパセリなどと同じセリ科に属し、「今日、葉を取っても、明日にはまた芽が出るほど成長が早い」ことから明日葉と呼ばれるようになったと言います。

主な効果として、整腸作用・抗菌作用や抗酸化作用・血液やリンパ液などの流れをスムーズにする効果と、脂肪の吸収を抑える効果などがあると言われています。

成分

食物繊維・ビタミン類・ミネラル類・クマリンなどの成分が豊富に含まれています。

ケールの1.5倍の食物繊維が含まれているので、より整腸作用が強いといえます。

摂取方法

青汁の他、お茶としても飲まれています。

-青汁のまめちしき

Copyright© 青汁効果口コミ.com|ダイエット・健康成分と効果を徹底比較! , 2018 All Rights Reserved.