青汁のまめちしき

青汁100g当たりの栄養と、その効果について

更新日:

具体的に、青汁にはどんな栄養があって、それに効果があるのでしょう?

一般的な青汁(ケール)の栄養とその効果について

グリコ 栄養成分ナビゲーターより http://www.glico.co.jp/navi/

上の画像は、青汁(ケール)100gに含まれる栄養成分の一覧表です。「栄養素等表示基準値」は、日本人の1日に必要な量の平均的な値であり、その下の数字が何%摂取達成しているのかを表しています。それぞれの個人ごとに必要な栄養素量を意味するものではありませんが、参考にしましょう。いくつかピックアップしてみてみます。

食物繊維 156%

まずは注目すべきは食物繊維!

食物繊維には、がんを予防したり、便秘改善血圧を下げるなどの効果があります。

一番身近なのが、やっぱり便秘改善だと思いますが、便秘を完全することによって腸内環境が良くなります♪便を溜め込むことで、体中様々なところに悪い影響を与えてしまいますので、腸内環境を整えておく事は、ダイエットにも健康にも、または美容にもとても大切なことだといえます。また、少しの食事で満腹感を得られるので、ダイエット効果も期待できます!

ビタミンC 1375%

有名なビタミンCは1375%と、異常かと思うような数値になっています。ビタミンCの過剰摂取には、下痢や吐き気などの副作用があると言われていますが、一日1杯の青汁でしたら程よくビタミンを補給でき、美や健康にも良い影響を与えます。

ビタミンCには、肌の老化・シミの防止や、ストレスを和らげる効果があります。体内でのコラーゲンの産生を促進するので、肌にハリ・弾力を与える効果もあります。美容にとって欠かせない栄養です。

鉄分 39%

今かなり注目をされている鉄分は39%です。鉄分は血液中の酸素を全身にしっかりと送るのに必要なので、鉄分をとるのは健康にとってとても大切なことなんです。

鉄分は疲労回復貧血予防の効果があります。寝起きに頭が回らなかったり、貧血気味の人は鉄分をしっかり摂取しましょう。

この成分表では39%ですが、鉄分を多く含んだ青汁もありますので、参考にしてくださいね!

⇒鉄分をしっかり摂取するための青汁

青汁にはダイエットと健康に効果がある!

3つの成分を取り上げましたが、青汁にはその他の栄養も豊富に含まれています。美容と健康に効果があるとされている栄養成分がしっかりと含まれているので、科学的に青汁に良い効果があると言えますね!これだけの栄養を野菜で取るには、大量に食べないと到底無理ですよね…。日々不足しがちな野菜量を青汁で補うことができるので、とっても効果的・効率的な健康促進の方法だと言えます。

具体的なイメージとして

・便秘改善が⇒腸内の好環境に繋がり⇒悪玉菌を減らしてくれる⇒病気の予防

・食前に飲む⇒食事の量が抑えられる⇒ダイエットのサポート

青汁を飲むことで、このような効果が期待できます!

-青汁のまめちしき

Copyright© 青汁効果口コミ.com|ダイエット・健康成分と効果を徹底比較! , 2018 All Rights Reserved.