「どれも同じようで何を選べばいいかわからない」
「ダイエットに効果的な青汁が知りたい」
「そもそも青汁ってどんな効果があるの?」

このサイトはこのような方に向けて書かれています。
青汁の選び方がまったくわからない人が、このサイトを見て自分の目で青汁を選ぶことが出来るようになるのが目的です。

実は私も、青汁の選び方がわからずに騙された一人です…。
その経験を活かし、栄養素についても独学で勉強し、今では成分表を見るだけでいいものか悪いものか、大体の区別をつけられるようになりました。

このサイトで青汁についての知識を学び、自分にピッタリの青汁を選んで日々の生活をよりよくしてくださいね。

先に一番オススメの青汁を見たい方はこちらへどうぞ

青汁ってどういうもの?

体の調子が全体的によくなかったり、ダイエットにいいと聞いたりして、青汁を飲んでみようとする方が多いですよね。
あなたは、そもそも青汁ってどんなものかは知っていますか?

青汁原料となる野菜を絞ったもの

青汁は、ケール・クマザサ・明日葉・大麦若葉などの野菜を絞って作られるものです。
これらの野菜は栄養価が非常に高く、ビタミン・ミネラルも豊富に含まれていることから青汁の原料として使われています。

これらの原料が入っていないものは青汁という区分ではなく、「野菜ジュース」になるでしょう。

参考記事:青汁の主要成分であるケール・クマザサ・大麦若葉・明日葉から期待できる効果とは?

フルーツ類を絞ったものをプラスした青汁

上記の青汁原料にくわえて、最近ではフルーツ類を絞ったものを配合する青汁が増えています。
ビタミン類や食物繊維が豊富なフルーツを加えることで、栄養成分だけでなく飲みやすさも向上させる目的があります。

青汁原料となるケール・クマザサ・明日葉・大麦若葉などが入っていないものは、「フルーツジュース」になるでしょう。

青汁は効率よく栄養素を補給するための健康食品

青汁とは野菜やフルーツをぎゅっと絞りだして、栄養を効率よくとるための健康食品なんですね。

だから「この青汁を飲んで痩せた!」とか「健康になった!」というのは、青汁そのものの効果・効能などではありません。
青汁を飲むことによって、不足していた栄養素を摂取することができたというのが正しいのです。

つまり青汁を飲むときには栄養成分がしっかり配合されているものを飲むべき!
健康目的なら健康に、ダイエット目的ならダイエットに適した栄養をしっかり摂取できるものかどうかがポイントです。

青汁はどうして人気があるの?

では青汁はどうして人気のある健康食品なのでしょうか?
それは次にあげる3つの点のおかげで、若い女性~高齢者の方まで老若男女問わず人気があります。

不足しがちな栄養を効率よく摂取して健康維持するため

「現代人は栄養失調だ」なんていわれたりもしますが、下図は糖質・脂質・炭水化物は過剰摂取気味なのに、ビタミン・ミネラル類が不足しがちな現状を指していわれます。

出典:国民健康・栄養調査結果の概要から作成(厚生労働省)http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/kekkagaiyou_7.pdf

このようにグラフにすると、脂質・炭水化物は摂りすぎなのに、ビタミン・ミネラル類は不足しているというのが一目でわかりますよね。

出典:平成28年国民健康・栄養調査結果の概要(厚生労働省)http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/kekkagaiyou_7.pdf

その原因と言われているのが野菜摂取の不足です。
厚生労働省が推奨する「1日350gの野菜摂取」を達成している人は、日本人全体の29.3%しかいません。

青汁が人気なのは、こうした野菜不足を対策する目的で使用している人が多いというのも理由のひとつです。

ダイエット目的での飲用も

青汁は栄養をバランスよく取れること、そして低カロリーなことからダイエット目的で使用されることも多いです。
また青汁によってはダイエットに特化し、ダイエットサポート成分を配合したものもあります。

低カロリーで高栄養価なので朝食の代わりに摂取する置き換えダイエットが主流です。
置き換えをする場合は、栄養成分がしっかりと整ったものを摂取するのが大切です。

青汁を飲むメリット

では青汁にはどんなメリットがあるのでしょうか?
3つのメリットをご紹介します。

腸内環境や食べ過ぎ防止などにいい!

青汁の原料となる葉は、主にケール・大麦若葉・クマザサ・明日葉などです。
これらの野菜は食物繊維の宝庫と呼ばれるほど食物繊維がたくさん含まれていています。

食物繊維は

  • 便通を促進すると言われていて、大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなる。
  • 満腹感を高めてくれるので、お腹がすきにくく、食べすぎを防ぐ。

…などの働きをするといわれています。

青汁はしっかりと栄養を補給し、腸内環境を整え、食べ過ぎを防いでくれます。これらは健康にもダイエットにも必要なことですよね。

①排便をスムーズにする

便が長い間腸内に溜まってしまうことで、腸内で便が腐敗して有害物質を作ってしまいます(悪玉菌の増殖など)。
その有害物質が、体の色々なところに悪い影響を与えていくので、肌荒れやストレスの原因になります。
それが結果的には暴飲暴食や不規則な生活に繋がっていってしまうので、腸内の環境をしっかりと整えてストレスを感じない生活をすることが、ダイエットの成功にもつながっていきます。

②満腹感を高める

食物繊維が腸に入ると水分を吸収して膨張(ぼうちょう)するので、満腹感を感じやすくなります。
「食事の時は野菜から食べるのか良い」という話も有名ですが、食物繊維を先にとれば少量の食事で満腹感を感じられるからなのですね。
また、食物繊維には糖質の吸収スピードを抑える効果があるものもあります。

青汁は酵素ドリンクなどと比べて価格が安い

効果は他のドリンクと同じか、それ以上なのに価格が安いことです。
当サイトで紹介している青汁は一か月2980~4410円。
酵素ドリンクなど、他のダイエットドリンク類と比べて倍以上安いです。
青汁ダイエットを成功させる秘訣は、継続にあります。
この価格なら無理せずに、毎月の購入ができますよね。

粉末タイプで持ち運びがしやすく劣化も防げる

「健康食品はこぼれたり、劣化したりするから飲むのが大変」
その気持ちすっごいわかります…!

青汁製品は粉末タイプのものが多いです。
グリーンスムージーや酵素ドリンクなどは瓶に入っていることが多く、日中に持ち歩くには大変です。
粉末タイプの青汁なら、持ち歩いたとしてもペットボトルにサッといれて振れば手軽に飲めちゃうので、継続の敵であるめんどくささが軽減できます。

そしてしっかりと密閉されてパックになっているので、1回1回粉末を空気にさらすこともなく、酸化を防げます。
ドリンク類などで1度フタを開けると、酸化などで劣化してしまい、配合されている栄養がほとんどなくなっちゃうものもあるんですよ…!

その点、粉末タイプで個別包装されている青汁なら

  • 持ち運びするのがとても楽
  • 空気に触れないので劣化を防げる

…というメリットがありますね!

青汁を飲むデメリット

今まで青汁のいいところを語ってきましたが、やっぱりデメリットもつきものです…。
青汁のデメリットと考えられるものを

中にはイメージ通りのまずいものがある

青汁と言えば「まずい!もう一杯!」のCMでお馴染みのように「まずい!」というイメージが定着していますよね。
実際のところ、当時よく使われていたケールという葉には苦み成分がいっぱい入っていて、まずかったんです。

今でもおいしく飲めない青汁もありますが、ケールだけじゃなく大麦若葉や明日葉などの原料を使用していれば苦みは軽減されているはずです。
また、青汁を美味しく飲める割り方も色々とありますので、参考にして下さい。

青汁を美味しく飲む!オススメの割り物は?

不要な添加物だらけの青汁商品もある

「ちょっとこれ大丈夫なの?」と思ってしまうような、添加物だらけの青汁商品も存在します。

おいしさを引き出すための甘味料や、おいしそうに魅せるための着色料などは、本来の青汁使用目的には必要のないものです。
添加物のなかには、「実際にはよくわかっていないけど、今まで使ってて問題なかったから使ってもいいよ!」というものも存在します。

厚生労働省が示すルールをきっちり守って使われているので、高い安全性はあると思われます。
しかしそれらを不必要に摂取する必要はないというのが私の考え方です。

必要な添加物はしかたないけど、不必要な添加物が入っている青汁には要注意です。

青汁で効果がない・失敗する人の特徴

これまでにお話した通り、青汁はあなた健康やダイエットをしっかりと補助してくれるものです。
それでは何故「青汁で失敗した、青汁には効果がない」という人が多く出てくるのでしょうか?

青汁で失敗する人の特徴

「青汁を使ってダイエットをしていたけれど、痩せなかった」
「青汁で健康維持をしようとしたけど失敗した」という人には、共通点があります。

  • 「継続しないorできない」
  • 「成分がダイエットに適していない」

…それがこの2つです。

「継続しないorできない」の原因

  • 価格が高くて続けられない。
  • すぐ(2~3日)に結果を求めすぎる。
  • 青汁が美味しくなさすぎる

…という理由があります。

「成分が適していない」の原因

  • 使った青汁に栄養がほとんど含まれていなかった

という事が考えられます。

要するに

①自分に見合った価格の青汁を購入する

②最低1か月は飲み続ける

③おいしい青汁を購入する

④健康・ダイエットに効果的な成分の青汁を購入する

この4点をしっかりと守れば、青汁で失敗する可能性はぐっと低くなります。

青汁を選ぶポイント

では、健康・ダイエット目的の青汁はどうやって選べば良いのでしょう?
それはズバリ【価格・成分・飲みやすさ】の3つを比較することで選択がしやすくなります。

価格

当サイトで紹介する青汁は1日あたり70円~200円ほどです。
また定期コースでの申し込みが条件となる事が多いので、最低何か月は頼まないといけないのかをしっかりチェックしましょう。
返品保障の有無なども要チェックです。
高い青汁を飲めば効果が出るという訳ではありません。
継続する事が何よりも大切ですので、しっかりと自分の財布と相談して購入しましょう。

成分

自分の目的にあった効果が期待できる成分が入っているかを確認します。

健康目的の青汁であれば、特定保健用食品や機能性表示食品などを選ぶのがおすすめです。
これらの商品には、健康維持にいい効果が出るという科学的根拠(エビデンス)がある成分が含まれています。

ダイエット目的であれば、生酵素入りや乳酸菌入り、ダイエット成分に特化した青汁などもあります。
どのような成分が入っているか、それらがどんな意味をもつのかをしっかりと見極めましょう。

また、人によってはアレルギー反応が出てしまうこともあるので、自分に合わない成分が入っている青汁は選んではいけません。

飲みやすさ

青汁の飲みやすさは近年劇的に改善されています。

それでも青臭さが気になる人は、フルーツ・スイーツ系の青汁を選びましょう。
フルーツ系の青汁は、その名の通りフルーツの味がします。
青臭さはほとんどしませんので、子供でも飲めます。

ダイエットにおすすめの青汁1位はこちら!

フレッシュフルーツ青汁

点数18点

☑おすすめのポイント

フレッシュフルーツ青汁は、痩せやすく太りづらい体づくりを目指す、ダイエットをサポートする青汁です。
コラーゲン・セラミド・プラセンタの美容成分も配合されており、乳酸菌も2種類配合。
そしてフレッシュフルーツ青汁の最大の特徴は、「生酵素」が配合されている点です。
酵素ドリンクや、酵素サプリではなかなかとれない生きた酵素を、フレッシュフルーツ青汁は独自の製法で密封しています。

初回価格はもちろんのこと、2回目以降も3000円を下回る続けやすい価格であり、定期購入でも回数縛りがないのが好ポイント。
この価格でもしっかりと有用な成分が配合されており、生酵素が摂れるフレッシュフルーツ青汁が、今回のランキング1位に選出です。

価格  初回価格980円(税抜) 定期コース 1杯当たり約99円!(30包2,980円[税抜])
特徴 独自製法により「生きた酵素」を配合
美容 大麦若葉使用なので一般的な青汁に比べて飲みやすい
健康 大麦若葉は農薬不使用、GMP認証取得工場生産で安心
乳酸菌 2種類の乳酸菌配合で生きたまま腸に届きます

健康維持におすすめの青汁1位はこちら!

厳選青汁Premium

評価★★★★★

厳選青汁Premium
☑おすすめのポイント

厳選青汁Premiumは、「中性脂肪や血糖値の上昇を抑える」機能性成分が含まれている青汁です。
こういうものを機能性表示食品といい、科学的根拠に基づいた機能性を表示できる、信頼できるものなのです。

その機能性関与成分は「難消化性デキストリン」というもので、その名の通り消化しにくいデキストリンのこと。
食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させます。

また、厳選青汁Premiumでは農薬不使用の大麦若葉を採用しているのでスッキリと飲みやすい青汁です。
ビタミン・ミネラル類など日本人に不足しがちな栄養素も、しっかりと補えるので毎日の食事のおともに最適!

添加物不使用であり、健康食品GMP認証を取得した工場で作られており、安全性でも安心できる青汁です。

 

価格  定期コース 1杯当たり約210円!(20包4,212円)
特徴1  機能性関与成分の「難消化性デキストリン」配合で科学的根拠あり
特徴2 大麦若葉使用なので一般的な青汁に比べて飲みやすい
特徴3 大麦若葉は農薬不使用、GMP認証取得工場生産で安心
添加物 使われていません

更新日:

Copyright© 青汁効果口コミ.com|ダイエット・健康成分と効果を徹底比較! , 2018 All Rights Reserved.